看護学生お悩み相談掲示板

スポンサード リンク
相談を新規投稿する

父親について(必ず老いる日は来ると考えると怖いのです)

<2019年06月08日 受信>
件名:父親について(必ず老いる日は来ると考えると怖いのです)
投稿者:まろん

現在領域別実習中の学生です。
実習で様々な病棟など回らせて頂き、最近考える事です。それは父親のことです。母親は病気でなくなっておりいません。私は就職する際に寮に入るため1人になります。まだ定年退職する年ではありませんし、スポーツをやっていて元気です。ですが必ず老いる日は来ると考えると怖いのです。この気持ちをどうすれば良いか分からずもやもやしてます。
今の私にできることは何かあるのでしょうか?教えて頂きたいです。

スポンサード リンク

No.1
<2019年06月09日 受信>
件名:無題
投稿者:ナツ

分かります。確かに親が歳をとっていく姿って想像もしたくありませんよね。
私の場合は父親は離婚しているため母と妹と3人暮らしです。母は10年前に大病を患い、常に再発や年老いて行くにつれての新たな病気などの心配は尽きません。しかも妹が進学の為他県に行ったり、90近い祖父母の事など色々な事がありました。
今年でアラフォーに足をかける年齢になった今気付いた事があります。
自分は結婚もしないし母の面倒を見ると決め、それが幸せだって思って生きて来ました。恐らく今後もそうでしょう。
しかし一人前となり仕事をこなし結婚もして子供産んで本当に親が歳をとっていくときに一緒に支えてくれる人を作る!それが親孝行じゃないのかな、って思うことがあります。(焦って結婚してってわけじゃないですよ)今はスポーツもされ、定年退職もする年齢ではないとの事でお父様も生き甲斐を持ち活動的であるため今貴方が出来ることは懸命に勉学に励み資格をきちんととる。初給料では普段身に付けるような時計やスーツ等プレゼントしてみたらどうでしょう?あとは寮に入っても節目の行事には顔を見せるとか何気ないかもしれない事が幸せなのかなと思いますよ。


No.2
<2019年06月09日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

頑張ってますね。
お母さまが早くに亡くなられお辛かったことでしょう。
あなたにできる事はお父さんの事を想うことです、声をかけて一緒に居る時間をつくることです。
お父さんはそれだけで幸せです。
特別な事はいりません。

私も若い頃は親が年老いて・・・を考えることはとてもできませんでした。元気でよく笑う人たちだったので。
でも段々と自分が年を取るにつれ親も同じく年を取りますよね。それなりの覚悟もできます。

一緒に食事をしたりするだけでもお父さんにとっては幸せです。
あなたの笑顔を見るだけで幸せなんですよ。

 
スポンサード リンク

相談を新規投稿する
スポンサード リンク

サイト内検索

検索

看護学生お悩み相談掲示板HOME