看護学生お悩み相談掲示板

スポンサード リンク
相談を新規投稿する

何してもダメな子って看護師向いてないですか?

<2019年03月09日 受信>
件名:何してもダメな子って看護師向いてないですか?
投稿者:匿名

何してもダメな子って看護師向いてないですか?

看護学生1年です。

今日先生に陰部洗浄の演習で怒られました。ちゃんとデモンストレーション見てたの?って言われました。しっかり1つ1つの手順に先生の話したポイントを書きながら聞いていました。なのに、出来せんでした。すっごく実施の際みんなに笑われました。正直辛かったです。

バイタルサインと清拭の演習の実技テストがありました。受かったのは1番最後。よく下手くそ鈍臭いと笑われます。

こんなんじゃ実習受からないだろうなぁと思ってます。だって鈍臭いし、正直自分でも何でこんなに不器用なんだろうと思うぐらい不器用です。

先生にやってない、ちゃんと見てないって言われたのが何よりも辛かった。

実技上手くなるコツって何かありますか?

スポンサード リンク

No.1
<2019年03月09日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

本当に何やってもダメなら看護師どころかどんな仕事も向いていないと思いますが、自分の強みと言えるものがありますか?
こうやって、教員から言われたことを受け止めて改善しようと思える素直さはあなたの強みだと感じました。

百聞は一見にしかずと言いますが、デモンストレーションの時にメモを取ることに一生懸命になって、教員の実技をしっかり見れていないということはないですか?
技術は見て盗むものと言う人もいるくらいです。懇切丁寧に指導する今の時代からしたら考えが古いと思われるかもしれませんが、しっかり見て、実践を繰り返すことが大事だと思います。
テストの前にはできるようになるまで練習するしかないです。クラスメイトを誘ったり、一番確かなのは教員に見てもらいながら練習することです。その方が正しい技術を覚えられますし、まじめに取り組む生徒だと思ってもらえるので。


No.2
<2019年03月09日 受信>
件名:無題
投稿者:ゆず

初めまして、今年看護学校を卒業したものです。陰部洗浄の演習で怒られたんですね。よく先生が言う言葉ですね。一回でできる人なんていませんよ?失敗をして、それからうまくなるのです。俺もそうでした。デモンストレーションを見てもわからなくて、手探りでやりました。
実習の時は、ずっと学校で教わったことしかできず、実習を落とされたことがあります。実習の時は、患者の個別性を見て陰部洗浄やケアなどやらなくてはいけません。教科書上そんなに使うことはないですね。ベースは基礎ですが、そこから患者にとっていいやり方を模索していくのが看護でしたね。
バイタルサインとか清拭とかも最初は戸惑い、患者に迷惑をかけました。練習をしたものの、なぜかうまくできないんですよね。
実習って、患者と信頼関係を築きいかに学生らしい看護ができるかによって、実習の単位も変わってくるので、自分がやっていたのは、家族でバイタルサインとか実践してました。あとは、清拭とかは自分の体使えばできたので。何回かやってベースができれば、なんとかなりますよ。


No.3
<2019年03月09日 受信>
件名:無題
投稿者:まー

看護師は器用じゃなくてもいいの!
おもいやり、手当、これを理解し実行できるのがいい。
器用不器用は、慣れ練習である程度は改善できる。
看護師は、知識と技術が大事と思いがちだけど、それだけじゃないよ。
それだけを大事にしてる看護師いるけど、そんなのただの人マネだ。

あなたはあなたなりの看護師におなりなさい。


No.4
<2019年03月10日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

>今日先生に陰部洗浄の演習で怒られました。ちゃんとデモンストレーション見てたの?って言われました。しっかり1つ1つの手順に先生の話したポイントを書きながら聞いていました。

見てたの?の問いに書きながら聞いていた、と答えているように、きちんと手技を見ていなかったのでは?
メモを取り、耳で聞く事に集中していてデモストを見る事ができていなかったのだと思います。どんなに器用な人でも書きながら何か(書いているもの以外)を見るなんて出来ませんよね。どちらかが疎かになります
デモストは基本「見て覚える」ものであり、座学のように「聞いて、書いて覚える」ものではありません。そのために先生は生徒の前で手技を「見せている」わけですから
デモストを見る(先生がしている手順やコツは頭に叩き込む)→後で思い出しつつ手順を書き出してみる→不安な箇所があれば友人、または先生に確認する
というのが基本かと。自分が不器用だと分かっているなら、なおさら
手技を見ずにメモを取り、そのメモを頼りに実践してみても、結局は先生が何をしていたのか見ていないわけですから、文字情報だけでは何も出来ないかと思います

例えば私はピアノを習っていましたが、「ここがドで、これがファよ」なんて先生が言っているのを聞くだけ聞いてメモしてても、どの鍵盤がドなのか、ファなのかなんて分からなかったと思います
ピアノは鍵盤が多く、もちろん五本の指をそのまま使っても弾きこなす事は出来ないため、指の使い方を教わりますが、その時もメモだけしてても結局は指の動きを見てないわけですから、変則的な曲は弾けない事になりますね

座学の学び方と実技の学び方は正反対になります。もちろん個々人に合ったやり方は違うかと思いますが、デモストを見ながらメモして把握し、そのメモを元に実演する、なんてよっぽど器用じゃなければ出来ないと思いますよ


ちなみに私もバイタルの実技、再再試という異例の事態で受かりました。原因は主さんと同じ。メモだけ取って先生の実技を見ていなかったから
いや、見ているつもりではいたんですけど、結局メモを取るために視線が外れるわけですし、文字を書くのにも集中しなければ出来ませんから、書いてるつもりで要点をしっかり把握出来てなかったんですよね

まだ1年目ですし、これからの勉強のやり方次第では出来る範囲は広がるかと思います。否定された瞬間は辛いかもしれませんが、なにくそ!!精神で頑張る事ができるか、合わないかも、他の仕事がしたい、と思うのか、それは主さん次第です
どちらが正しいとか、どちらにしなければならないとかは無いので、今の時期にしっかりと悩むことをお勧めします
看護師になったら「資格あるし、勿体無くて辞められない。でもやりたくない」なんて矛盾を感じる事、多々ありますから


No.5
<2019年03月16日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

実際にナースとして一番大切なのって、気づきや観察力だと思うんです。アセスメントができること。
手先の器用さや手技は、慣れたら誰でもある程度できます。もちろん、得意不得意はありますけどね。
学生のうちから、小手先の技術にとらわれずに、技術の根拠を踏まえて勉強すれば大丈夫。

 
スポンサード リンク

相談を新規投稿する
スポンサード リンク

サイト内検索

検索

看護学生お悩み相談掲示板HOME