看護学生お悩み相談掲示板

スポンサード リンク
相談を新規投稿する

一難去ってまた一難のように、誰かとうまく行かなくなり…

<2018年02月21日 受信>
件名:一難去ってまた一難のように、誰かとうまく行かなくなり…
投稿者:みおげ

閲覧ありがとうございます。
私は現在看護学校1年生のものです。
この1年何とかやってきました。しかし、一難去ってまた一難のように、誰かとうまく行かなくなり落ち着いた後また誰かとうまく行かなくなってしまうような連鎖に疲れてしまいました。

もともと6人グループだったものが、
一人離れ、一人学校に来なくなりまた一人、、
どんどん性格の合う子が学校から姿を消しました。
もう少し彼女らの辛さに理解を寄せ、手を差し伸べてあげることができたなら...と思うと胸が痛いです。
そんな私も、様々な出来事を学校の誰にも相談することができずとうとう退学を考える番になってしまったみたいです。

家族の顔、彼氏、なくなったペット。
自分の本当に近しい存在だけを想像すると辞めるという選択肢に踏み込めません。(大げさかもしれませんが..)
一人暮らしで周りに溜まったものを吐き出す相手もいません。
実家が地方ということもあり、どんなに辛いことがあっても長期休暇に地元へ帰省できることだけを励みにここまで過ごしてきました。
その間にも、友人関係でのトラブルは何度もありました。
偶然かのように物品をぶつけてくる子もいれば、私に組みたくない人を押し付けて自分は組みたい子と組む子がいたり、有る事無い事言って孤立させようとする子、私の存在自体をないものとしている子、LINEなどのSNSを通じて嫌味を言ったり煽ってきたりする子、書いたらきりがありません。

他グループの子は見過ごしてきましたが、
クラスで一番親しい子にも急に冷たくされはじめ、
原因は分からず、心当たりもないまま、
接し方を忘れかけています。


今まで何度も何度も家で一人で泣きました。
時には家族と連絡を取り、八つ当たりが止まらず泣かせてしまったりもしました。
“今やめればもったいない”
“自分のために学校にいくんだ”
“他人のせいで自分の人生を棒に振らないでほしい”
散々言われてきました。
全て的を射ていると思います。

やめたら家族が悲しむ、学校に残る人たちはざまあみろと思う、奨学金が一気に降りかかり両親に迷惑がかかる、私は高卒で就職することになる(まず職があるかもわからない)、様々な葛藤があります。


もしかしたら、私が適応障害なんじゃないか....
最近そう思い始めています。


しかし、一番の親友であり彼氏である人は、
「たしかにクラスの中では適応できていないけど、適応障害ではないと思う。周りのレベルが低すぎる。民度が低い。そういうやつらが看護師になると思うと病院にも安心して行けないわ。」と言っていました。
庇ってくれているのだなと思いました。

どうしたらいいかわかりません。
自身が何を言いたいかもわかりません。

まとまりのない文章ですみません。

スポンサード リンク

No.1
<2018年02月21日 受信>
件名:無題
投稿者:匿名

自分と同じ人がいてびっくりしました。
私も同じグループの人がいなくなっていき、他の人とももめ、落ち着いたと思ったら他の人とまたもめ、のループです。
私は、この大学に入るまで人間関係に困る事もなかったのでこんなに人と合わないと感じたりもめたりなどありませんでした。

多分、あなたもその学校がたまたま合わなかったんだと思います。私も今の学校が合わないと強く感じます。ですが、周りの人や先生は何で人と上手く付き合えないんだ、というような感じで、しかも今までも人と上手く付き合えないと思い込んでる事がとても悔しくて大声で叫びたくなります。
あなたの彼氏さんが言う事は当たってると思います。その学校の人達と合わないだけで、適応障害ではないと思います。

私も適応障害ではないかと色々調べたり自分はそうなのてわは…と考えた事何度もあります。
でもこの学校に入る前の事を考えてください。
幼稚園から遡ってみて下さい。その時は、どうでした?上手くいっていました?

私は、もう色々諦めてこの学校にいる間は人にどう思われてもいいやという気持ちでいます。とても嫌な事沢山言われたり向こうのいいようなや解釈されたりして悔しい事も腹立たしい事も沢山あります。先生も味方ではありません。
そのような気持ちでいろ、というのはなかなか難しいと思いますが、卒業するまでは通って下さい。
卒業したら素敵な世界があるかもしれません。今よりましな生活が待っているかもしれません。


相談を新規投稿する
スポンサード リンク

サイト内検索

検索

看護学生お悩み相談掲示板HOME

看護師関連の掲示板
看護師のお悩み相談室 ナースの休憩所
看護学生・情報交換掲示板